nicesliceのブログ

『こうあらねば』をやめたら、子育てはもっと楽しい。

「生まれて来なければ良かった」といわれた

4歳娘の言葉である。
結構ショックだ。
娘は、1歳息子に作っていたシャボン玉を破壊され、それに対し抗議したところ叩かれ、世を儚んだらしい。

「私は生まれてこなければ良かった。
 弟くんなんていなければ良かった。
 私だけ産んでもう産むのやめれば良かったのに!」

と泣かれた。
私だって泣きたい。
上司に頭を下げて卵胞の育ち具合を確認しに日々病院に通ったこと。
毎回4時間ほども待合室で待ったこと。
毎朝早起きして自己注射を打ったこと。
妊娠中のつわりとマイナートラブル。
陣痛、出産。
連日の睡眠不足。
何もかもが思い通りに進まない育児。
そして、それらすべてが全く惜しくないと思えるほどの圧倒的な可愛さと大切さ……。

確かに娘や息子を産みたいと思ったのは私の身勝手だし、それに伴う大変さに対する責任はすべて私や夫にあり、娘が背負うべき責任は一切無い。
しかし、そういう大変さの結果が、娘の「生まれて来なければ良かった」という感想なのであれば、あんまりだ。

昔は、

「おかあさんに『かわいい』って思ってもらいたくて生まれてきたの!」

だとか、

「おかあさんの名前の書かれた箱を選んでおかあさんを決めたの!
 自分の顔と身体はくじ引きで決めるの!
 お腹の中の出口には『非常口』って書いてあるの!」

だとか、ファンタジーで可愛らしいことを沢山話してくれたのになぁ……。
更に息子を妊娠中は、

「わたし、もうすぐおねえさんになるの!
 楽しみ!
 小さい子大好き!」

とか言っていたのになぁ……。
毎日頑張る娘が色々気晴らしや楽しみが出来るよう、色々と気を配っているつもりなのに、何も響いていないのだろうか……。
いつも見せてくれるキラッキラの笑顔は幻なのか。

何とか娘には、

・私はそれを聞いて悲しかった。
・私は娘と息子を産んでよかった。
・あなたを弟くんから守れなくて申し訳ない。
・私の勝手であなたや弟くんを産んだ事で、あなたが辛いのは大変申し訳ない。
・辛さは全部私にくれ。
・あなたが生まれてきて良かったと思えるよう、幸せに出来るよう頑張る。
・弟がまだ言葉をうまく使えなくて手で人を叩いてしまうのと、あなたがまだ言葉をうまく使えなくて今のように言葉で人の心を叩いてしまうのは同じ事。どちらも大きくなれば治る。

というようなことを伝えた。
やがて娘は泣き止み、謝ってくれたが、本当に娘がどう思っているのか、どれだけ納得出来たのかはわからない。
一時期の、嵐のような酷い赤ちゃん返り(息子への嫉妬)は無くなって久しい。
今はとても息子を好きで、可愛がってくれているように見える。
しかし時々、弟を疎ましいというようなことを言う。
例えば、娘は眠くて寝たいのに、息子が騒いで寝られない時(二人とも私にくっついていたいので、空間を分けて寝ることは出来ないのだ)。
はたまた、おもちゃの取り合いなど、息子が何か気に入らないことがあり、娘を叩く時。

聞けば、

「わたしは弟くんのことはとっても好きだけど、叩かれるのは本当に嫌」

と言う。
娘は言葉の発達がとても早かった為か、それとも長期授乳や一人っ子状態の構われ放題で心が安定していた為かわからないが、肉体言語に訴えるという事がなかったのだ。

それでも、『自分が生まれて来なければよかった』とまで言われたのは初めてで、私はとても動揺し、落ち込んでしまった。

その時、この記事を読んで、なんだか理解でき、救われた気がする。


子供に『生まれて来なければよかった』と言われた時に親が出来ること - MiyabiyNoCafe


なるほど、この言葉を言われた親は、子供の出した「生まれて来なければよかった」という結論だけ見てビビってしまうけれども、そもそもその解答を出した『式』が、幼さ故に間違っているのかもしれない、と。
そういう事ですね。

思えば、大人だってその式、沢山間違っているではないか。
特に青年は間違えやすい。
10代から20代初頭の頃、彼氏彼女と別れただの、受験が心配だの、就活が面倒だの、『将来に対する唯ぼんやりとした不安』だの、全然大した事ではない事物に思い悩んで、家族や周りへの影響なんて全く考えず、カジュアルに『死にたい』とか思っていた元青年のなんと多いことか!
そういえば、『こころ』のKにしろ、『白夜を旅する人々』の次女にしろ、文学で命を捨てるのは何不自由無い、他人から見たら未来に希望しかないような恵まれた坊ちゃん嬢ちゃん達ではないか。

因みに、私の想定していた、娘の使用した式は、次のようなものであった。

 良かったこと - 嫌だったこと = 生まれて来なければよかった

プログラムっぽく書くと、

if ( 良かったこと < 嫌だったこと)
{
    return 生まれて来なければよかった
} else {
    return 生まれて来てよかった
}

みたいな。

でも実際に娘の使用した式は、このようなものではなかったか。

if ( 0 < 嫌だったこと)
{
    return 生まれて来なければよかった
} else {
    return 生まれて来てよかった
}

目の前の嫌なことのみ目に入り、良かったことが考慮されていなかったのではないのか。

いや、閃いた!
もしかしたら、人は自らの生の価値を考える時、以下のような式を使用しているのではないか。
良かった事と嫌だった事に、それぞれ、増幅及び減衰させる係数、happy 係数 h と unhappy 係数 u を設定する。
更に、単純に両者を比較するのではなく、逆境に陥っても絶望しない為の、へこたれない心の底力となる閾値 t を設定する。

if ( 良かったこと * h - 嫌だったこと * u < t )
{
    return 生まれて来なければよかった
} else {
    return 生まれて来てよかった
}

つまり、happy 係数が高いほど、日常に幸せを感じやすく、unhappy 係数が高いほど小さなことでクヨクヨし、閾値 t が高いほど、逆境に陥ってもへこたれないという具合である。

幼さ故に、各値が不安定な娘は、h が一時的に 0 になっていたのかもしれない。
私は月に一度の PMS の時期は u が限りなく大きく、 h が限りなく小さくなる。
しかし子供を産んでからというもの、 t はいつでも安定して高いと思える。

どんな親切を受けても捻くれた受け取り方しかしない人は h が負数なのかも知れない。
逆に、どんな不運もパワーに変えてしまう人は u が負数なのだろう。

なるほど!
これで方向性は定まった。
私は、子供達が、happy 係数と閾値 t を安定して高く、unhappy 係数を低くできるよう気をつけよう。
勿論自分に対しても。
良いことも悪いことも、どう生きたって時勢によって多かったり少なかったりするものだが、それを受け止め解釈し、自らの糧とする力があれば少なくとも自分が幸せを感じて生きることは出来るだろう。
でも、どうやって?

毎日好きだ大切だと伝えること?
褒めまくること?
天日によく当てること?
動植物を育てること?
読書をすること?
子供を生み育てること?
それとも宗教?

それは人類の永遠の命題なのだろう。
とりあえず今はショックを捨てて、

「4歳にしてその結論に至るとは、かなり早熟なんじゃないの!?
 今に鬱ポエムとかノートに書き始めるんじゃないの!?
 TRPGキャラクターシートとか作り出すんじゃないの!!?」

などと明後日な方向にワクワクしておくことにした。


 
ねえだっこして

ねえだっこして

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

ちょっとだけ (こどものとも絵本)


 

子供の荷物は何故多い

突然噴水に突っ込んでいく

何故かオシッコが横漏れする

何故か水を飲むだけでびしょ濡れになる

びしょ濡れになった直後に砂の上を転げ回る

びしょ濡れになった直後に土の上を転げ回る

びしょ濡れになった直後に枯葉の上を転げ回る

食べこぼしがものすごい

暑さ寒さが我慢できない

おむつ(足りないと大変なことになる)

ティッシュ(ティシュー)

おしりふき

タオル

おやつ

帽子

水筒(0.5kg × 人数分)

泣き止ませグッズ

お気に入りのぬいぐるみ

おんぶひも

ベビーカー

 

そんなこんなで、一日レジャーに行くだけで大変な荷物になるのである。

 

元コスプレイヤーから見たプリチューム

オタク話注意。
白樺リゾート 池の平ホテルに行ってきた。
『スタートゥインクルプリキュアお泊まりプラン』なる、プリキュアファンには夢のようなプランがあるのだ。
カーテン、棚、壁、ベッドカバー、ライト、etc...部屋全体がプリキュアの装飾で埋め尽くされ、更に、ここでしか貰えないボストンバッグなど、プリキュアグッズもお土産に貰えるのだ。 特にボストンバッグは『キラやば』な可愛さで、作りもしっかりしていて素晴らしい。
また、リゾート内のレストランにはプリキュアランチなるお子様メニューがあり、紙製ではあるがランチョンマットも持ち帰る事ができこれがまた可愛らしい。
まぁ、小食な事で有名な娘は鑑賞するばかりで2口くらいしか食べず、ほとんど私が食べたのであるが。

hotel.ikenotaira-resort.co.jp

また、プリキュアをテーマとしたプレイパークもあり、そこではオフィシャルのプリキュア衣装『プリチューム』を借りて着ることが出来る。

  

 
さてこのプリチューム、市販されているものだが、私は今まで手を出していなかった。
子供がプリキュアの衣装を着たいと言えば、私が自分で作っていた。
理由は以下の通りだ。

まず、サイズがワンサイズしかないという点だ。
私は、服を見栄え良く着るためにはシルエットが一番大事だと思っている。
良いシルエットを出すには、何よりもサイズが合ってなくてはならない。
若い頃私は、市販の服でシルエットがきれいに出ない服は、少々縫って着たりしていた。
安い服であっても、ちょっと縫い直してシルエットを整えるだけで見違えるようになる。
笑い話であるが、しまむらの ¥750 のカットソーを縫い直して大学で着ていたら、「それってゴルチェ?」と聞かれたことがある(多分皮肉ではない、と思う)。素材は全然違うのだけれども。
さて、プリチュームは、95cmから115cmをワンサイズでカバーする。
カバーするとは言うが、身長の20%程度、高さにして頭一個分の差をカバーするのは、結構無理がある。
そして、娘は身長こそ平均的であるが、痩せているため、プリチュームではブカブカのズルズルで、服に着られているような状態になってしまうのだ。
持っていなかったのでただの予想であったが、今回着せてみてやはり予想通りであった。
前かがみになると胸元ががら空きとなり、「ああああ、キャミ持ってきておくんだった……」という状態だ。
その点、手作りであれば、娘の体型にピッタリ合わせたものを着せる事ができるのだ。

次に、コスト的な理由で元のデザインが改変されているという点だ。
私は実は若かりし頃、コスプレイヤーであった。
裁縫が得意で且つオタクであったため、好きなキャラクターの衣装を自作してイベントで着たりしていた。
また、日本にそれほどハロウィンイベントが根付いていない学生の頃、自分でデザインしたハロウィン衣装を着て、まだ数少なかったハロウィンパレードやコンテストに参加したりしていた。
そういう衣装を作る時、心がけていた事がある。
コスト的な理由でデザインを変更しない、という事だ。
もちろん、2Dのデザインを3Dに落とし込む際に、どうしても変更しなくてはならないことや、自分がより素敵だと思えるようにアレンジをすることはある。
しかし、「コストが掛かるから」という理由で元のデザインを崩すと、それは一目で分かってしまうし、自分で納得できない。
節約のため、できる範囲で素材には妥協するが、手間のコストは惜しみたくない。
プリチュームは、二重であるべきスカートが一重であったり、背面にもあるべき装飾が前面にしかなかったり、そもそも形が違ったりするのだ。

最後に、上記2つの点があるにも関わらず高価であるという点だ。
プリチュームは定価にして ¥7,000 程である。
それとは別に、ヘッドドレスを購入すると更に ¥3,000 ほど掛かる。

 

 

Amazonで子供向けのプリンセス衣装を見ると、安いものでは¥1,000程度からある。

 

 
この手のものを購入したことがあるが、値段の割に悪くないのだ。

特に上記のこれなどは、綺麗な色味のキラキラのオーガンジーが重ねられており、かなり良く出来ている。
逆に、不当な労働環境で外国の人々が虐げられながら作られているのではないかと心配になる程だ。
ここまで安い必要はないが、ワンサイズで更にデザインを改変してあるのであれば、せめて定価にして ¥4,000程度が妥当であろう。
¥7,000というのは、10cmきざみのサイズ展開があり、更に元デザインに忠実な衣装の値段である。

また、プリチュームでは、キュアトゥモロー(シリーズトータルで精々3分くらいしか登場していない)などのマイナーキャラの衣装がないため、それらの衣装が欲しいと言われれば作るしか無い。

と、今まで思っていた。
しかし今回、池の平でプリチュームを着た子供たちを大量に実際に目にしてみて、結構悪くないな、と思った。
確かに娘にはブカブカのズルズルなのだが、それなりに身長のある体格の良い子が着ていると、なかなか様になる。
娘がその体格に達するころには、もうプリキュアは卒業しているとは思うが。
何より、半透明やツルツルの布の素材感が結構素敵だ。
商品写真をみて、ただのペラペラのサテンかと思っていたら、普通のサテンよりも若干光沢の抑えられた、なかなかしっかりした素材であった。
デザインは確かに改変されていたが、そこはまぁ、子供自身が納得していれば良いわけである。
ただ、やはり高いなと思う。
娘には欲しいおもちゃが他に山ほどあるし、何よりプリキュアの衣装を作るのはとても楽しいし、娘は手作りの衣装をよく好んで着てくれているので、しばらくは慎ましく自作をすると思うのである。

 

 

 

自動車のUIやばい

私はペーパードライバーだ。
田舎の合宿免許で取ったため、交通量の多い市街地での運転に恐怖心があり、更に合宿終了後、大学の課題が忙しく実試験を受けに行くまでに間が空き、更に上京してからは車を運転する理由が全くなくなり、ろくに運転しないまま、運転に怖さを感じたまま、今に至っている。
確かに、幼い子供達がいると、車があれば便利だろうと思うこともある。
年に数度の帰省や旅行の際だ。
子供達と大量の荷物を一度に運べる車は素晴らしい。
しかし、それ以外の日常生活では、子供と行く大抵の場所、幼稚園、児童館、市役所、検診センター、その全てに、『駐車場に限りがある為、自動車でのご来場はご遠慮下さい』とある為、利用する機会はほぼない。
大型の買い物をするときには便利なのかもしれないが、ネット通販の方がラインナップが豊富で安い。
しかも、年に数度の遠出のために車を所有するとして、一体どれだけの維持費がかかるのか。
色々調べると、それって『車持ったつもり貯金』で豪華な旅行が何度でも出来るよね、その度タクシー乗りまくれるよね、という感じの数字がバンバン出てくる。
勿論、ライフスタイルによっては車の所有は有意義なのだろうが、今の自分のライフスタイルには合わないのだ。

しかし、いつまでもペーパードライバーでいるのも情けないので、最近、実家に帰った時に実家の車で練習をしている。
そして実感するのだ。

車ってUIひどすぎない?

あのね、走るペダルと止まるペダルが、見えない場所で隣り合ってるってUI的に相当やばいよ。
あと、何かしたいと思った時に、ラベルの無い謎のマークのボタンがあちらこちらに無秩序に散らばっているのも意味がわからない。

車の左前方の謎の棒をウィ〜〜ンと出したいんだけど!
どのボタン?
え? この変な絵の描いてあるボタン?
全然想像出来ないんだけど!!

UI研究の第一人者、D.A.ノーマンは、歴史的に皆が長く慣れているUIは、優れたUIでなくても変更する必要は無い、というようなことを言っていた。
例えば、QWERTYキーボードは、タイプライターの鍵が速打ちにより絡まないように、わざと速く打てない、英文にとって使いにくい配置となっているのであるが、今となっては皆が慣れているので変更する必要は無い、ということである。
なので、現行のアクセルとブレーキの位置も変えなくて良いとも言えるのであるが、これだけ事故が起こっているのだから、変更に伴うベネフィットはコストを超えるのではないか。
ノーマンは、変更することで生産性が明らかに向上する場合は、一時的な生産性低下やユーザーからの反発を恐れず変更すべし、とも言っている。
どうしていつまでもこんなUIなのか。
そんな記事をいつか書こうと思っていたら、この方が大体全て書いてくれていた。

なので、本日のタイトルに関する記事を読みたい方はこちらをお読み下さい。

 

tokunoriben.hatenablog.com

ジョブズは、ガジェットから取扱説明書を無くした。
取扱説明書がなくても、初見で操作ができるUIを目指すべきだという意識を、他メーカーも持ち始めて久しい。
いつかジョブズが iCar を作ってくれるのではないか、それが出来たら車を買おう、と思っていたが、それは永遠に叶わなくなってしまった。

 

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

 

 

ひとりQ&A:服を着たがらない

私の子育ての悩みを私が斬る。

 

Q. 服をいやがります

1歳になる子が服を着るのを嫌がります。

 

A. 写真に撮っておけ

裸での様々な生活シーンを写真に撮っておきなさい。

4歳になる娘は、1歳当時の自分の写真が殆ど裸ばかりなのを見て爆笑しているわ。

 

剥き出しの白鳥【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

剥き出しの白鳥【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

niceslice.hatenablog.com

 

 

niceslice.hatenablog.com

 

 

niceslice.hatenablog.com

 

 

 

niceslice.hatenablog.com

 

ランドセルのコストを考える

ランドセルの中心価格帯は6万円くらいらしい。

https://kakaku.com/randoseru/

6年間使うとしたら、1年間あたり1万円。

長期休みなどで実質10ヶ月登校するとして、1月あたり 1,000円。

実際、一年間の登校日数は 200日くらいらしいので、1日あたり 50円。

高いと見るか、安いと見るか。

子供の残飯を食べるのは母親のタスクか?

以前、何かのニュースで、家庭での食品ロスは月 ¥5,000 分もあるとかいう話を耳にした。
当時、「うちは絶対そんなに無い」と思った。
事実、子供を産むまでは、殆ど食品ロスは発生していなかったと思う。
しかし、子供を産んでからは、流石に ¥5,000 分ほどでは無いが、以前より確実に食品ロスは増えたと思う。

子供、特に上の子は、とにかく食べない子供であった。
霞でも食べて生きているのかと思うほどに食べなかった。
給食の量をごまかしていた保育園に関する報道で、
「こんなに給食の量が少ないんですよ」
「えー!ひどーい!」
などと言い合うニュース映像を観て、夫と、
「ウチの娘はこんな沢山の量食べた事ないぞ」
とざわざわとなった程である。
しかし、食べない事が分かっているからと言って、作らない、出さないというわけにはいかないのである。
稀にまあまあの量を食べる事もあったし、何より、本当に娘の食べる量しか用意しなかったら第三者からは虐待かと思われたであろう。

そうして残されたものは、大抵私が食べるのである。
汚い話で恐縮であるが、食べ散らかされ周りに落ちた食べ物も、捨てるに躊躇するような大きな塊(ほぼ丸のままの唐揚げなど)は、私が拾って食べていた。

子供用の食事とはいえ、ほぼ全て残されたものを食べると、結構お腹が膨れる。
私は結構大食いで、自分の食事は自分の食事で沢山食べる。
よく、「食育の為、子供に先に食べさせるのではなく、一緒に食べましょう」などと言われる。
しかし、一緒に食べたら確実に私が先に食べ終わり、満腹の上に更に子供の残飯を詰め込む事になる。
それ以前に、隙あらば食べ散らかし零しまくる子供を牽制しつつ、その子供に食べさせながら自分も食べるというような器用で忙しい真似、なかなか出来ないのである。
そんなわけで、まず子供に食べさせ、残り物を私が食べ、その後自分の食事をする、という流れになっている。

それでも食品ロスは出る。
子供と生活していると、食べ残しを避ける事は出来ない。
特に甘い菓子類は、私が苦手としているのでどうしても残る。
子供自身が「食べたい」と言って買ったものの、一口しか食べなかったものも多い。
まだ、少ない経験の中から『何が美味しいのか』『何が安全か』をいろいろと試している段階なのだ。

NHKクローズアップ現代で、食品ロスをテーマとする回があった。

www.nhk.or.jp


コメンテーター曰く、

「なぜ食品ロスが生まれるのかというと、(中略)子どもが残したものを、お母さんが太るから食べない。それは家で余ってしまいますよね。」

との事である。
子供の残飯を食べるのは、母親のタスクなのだろうか?
母親は子供の胃袋の調整弁なのだろうか?
私はまだよい。
食べようと思えば白飯2合くらいならなんとかいける。
でも、多くの他の母親はどうか?
無理して胃を拡張していないか?

個々の倫理観に合う範囲で、子供の残したものを捨ててしまうのは仕方ないのではないだろうか。
そんな事まで母親のタスクにして、責めないでくれよ、と思う。

確かに、この番組の指摘には、『本来母親が残飯を食べるべきだ』との明確な定義は含まれていない。
言外にそれを感じてしまうだけである。

と、ここまで書いて、ふしぎなことに気がついた。

同世代の女性
「ほら、私たちの母親の頃ってさ、子供の残り物を母親が食べてたじゃない?
 でも今自分がやろうとすると結構キツいよね、自分の食べる量コントロール出来なくなるから。
 だからつい食品を捨てちゃうっていうの、あるよね」
「ワカルワカルゥ〜」
あれ、あんまりむかつかない。

一方、
コメンテーターとかいう知らないおっさん
「なぜ食品ロスが生まれるのかというと、(中略)子どもが残したものを、お母さんが太るから食べない。」
あれれ、殆ど同じ事を言っているのにめっちゃ反論したくなる。

色々言葉を並べ立てても、私も理屈より共感を求める人間であったということか。
それとも流行りの「言い方! 言い方!」というやつなのか。
よく分からない結論に至って(至らなくて)しまった。

 

 

niceslice.hatenablog.com

 

 

niceslice.hatenablog.com

 

 

niceslice.hatenablog.com